世の中にはたくさんの種類のお酒があります。ワイン・ビール・日本酒・ウイスキー・ブランデー・シャンパンなどなど。

これらすべてのお酒を、お酒買い取りサービス(例:sakekaitori.com)で買い取ってもらえると考えてしまいがちです。

ところがお店の中には「日本酒やビールはお断り」「リキュール類やノンアルコール飲料は買取不可」など買取できないお酒を指定しているケースも。

買取を希望するお店のHPをチェックするか、直接お店に問い合わせをして確認するのが無難です。

あまり広く認知されていないお酒、虎骨酒や貴州茅台酒(マオタイ酒) 、紹興酒、五粮液などのマイナーなお酒はニーズが少ないと言う事で、買取を断わられる可能性もあります。

査定時に買取できるお酒かどうかをチェックしてもらいましょう。

買取できるお酒の種類は?

どのお店でも買取が可能なお酒は、ワイン、シャンパン、ウイスキー、ブランデーになります。

ビールや日本酒、焼酎は買い取ってもらえる店舗が多数派ですが、中には賞味期限や希少性などにより買取不可のお店もありますので注意しましょう。

どのお店でも歓迎されるのは、高額で取引されている希少性のあるお酒。

例えばロマネ・コンティやレミーマルタン ルイ13世、ドン・ぺリニヨン、マッカランなど誰もが知る有名銘柄の商品であればどこでも問題なく買い取ってもらえます。

お店によってワインの買取が得意、ウイスキーの買取強化中など、とくに力を入れて特定のお酒を買い取っている事もありますので、お店の特徴を良くチェックすると高額査定に繋がりますよ。


買取が難しいお酒はあるの?

日本酒やビール、焼酎などのお酒は、店舗によって買取拒否される事があるので注意が必要です。

「日本酒やビールは買い取ってもらえるよね」と決めつけてかかると失敗してしまうかも。

特に店頭買取で直接持ち込みする時は注意が必要です。苦労して重いビールの箱を持ち込んでも、そのまま帰ることになりかねません。

どのようなお酒買取サービスに持ち込むにせよ、事前に「ビールは焼酎、日本酒は買い取ってもらえますか?」と確認しておく方が無難です。


こんな状態のお酒は買い取り不可

どれだけ貴重価値の高いお酒であっても、開封した物に価値はありません。

例え飲んでいなかったとしても、開封した物は買取不可になるケースがほとんどです。

ところが中には開封済みであっても買い取ってもらえるケースも。

それがミニチュアボトルや希少価値の高いボトルのケース。

ミニチュアボトルはその個性的な形からコレクターがいて、それらコレクターは瓶を集める事に注目しているため、お酒を飲む事はあまりありません。

つまり中身が半分に減っていようとも、瓶に価値があるわけですから開封済みでも問題ないのです。

他にもバカラのボトル、有名な陶磁器で出来たボトルなどボトルそのものに価値がある場合は、買取金額が安くはなっても買い取ってもらえるようです。