お酒買取りの方法に、店舗に直接お酒を持ち込んで買い取ってもらう【店頭買取(持込買取)】があります。

これはお店が自宅近くにある場合、利用できる買取方法です。

直接店舗にお酒を持ち込んで買い取ってもらう場合、お店側の経費がかからないため高めに査定してくれる可能性が高くなります。

このページではお酒の持込買取についてまとめていますので、参考にしてください。

店頭買取ができる方

お酒を店舗に持ち込んで店頭で直接買い取ってもらう方法は、お酒をすぐに現金化できるメリットがあります。

けれど全ての方が持込買取できるわけではありません。

この買取方法が利用できる方は…… 買取店と自宅が割合近い 売主が自分で移動できる 持ち込むお酒の量が少なめ これらの条件が揃っていなければなりません。

これら条件に合っていても、仕事が忙しくてお店に行く暇がない、所有しているお酒が1本数十万円の品物なので持って移動するのが怖い、という方は宅配買取や出張買取をお願いする方が向いています。


店頭買取のメリットとデメリット

店頭買取のメリットは、お酒1本からでも買取してもらえることです。

宅配買取では、お酒1本の買取のために着払いでお酒を送るのは何となく気が引けますが、店頭に直接持ち込むならそれほど抵抗感はありません。

また店員と直接話しをしながら査定してもらえるので、査定の担当者がどれだけお酒の知識があるか、どれだけ迅速に査定額を弾き出せるかを直に確認出来ます。

お酒の銘柄を見ただけで「レミーマルタンですね」としっかり受け答えできるならいいのですが、いちいちマニュアルを見ながら時間を掛けて調べるような担当者では心配になってしまいます。

担当者が目の前にいて直接査定額を提示するので、査定額に不満があればすぐに交渉も出来ます。

この時、担当者がしっかり査定額の根拠や理由を説明してくれるなら問題ありません。

担当者と直接会話し、実際に相手の態度を見ながら信用できるお店かどうかを判断できるのが店頭持込のメリットです。

デメリットは、高額なお酒の場合、運搬途中で破損する可能性があること。

もし瓶に傷が入ったとしても運搬途中ではお店に弁償してもらえませんのでご注意ください。


事前にお店に連絡しておく方が無難

店舗によっては担当者が頻繁に外出し、お店が一時的に閉店してしまう場合もあります。

出来るだけお店を訪問する旨を事前連絡して、手配をしてもらうのが無難です。

査定担当者が席を外している場合、しばらく待つこともあります。

スムーズに査定、買取してもらうためには事前連絡必須ですね。