お酒の買取方法のなかに、出張買取というスタイルがあります。

酒買取り業者が直接自宅や倉庫、飲食店舗などを訪問し、お酒の買取を行う方法です。

酒買取りサービスの業者が直接自宅などを訪問し査定・買取を行うので、売り主の精神的・肉体的な負担は軽くなります。

ただ誰でもお願いできる方法ではないため注意が必要です。


出張買取に向いている方は?

酒買取りサービスのスタッフが自宅や倉庫を訪問しお酒を一つ一つチェックして査定を行い、査定額に納得できたら契約成立。

買取は基本的に現金一括払いで支払われます。

この買取方法に向いた方は…… 自宅や倉庫、会社などに大量にお酒がありとても宅配便や店頭持込で対応できない 貴重なプレミアボトルがあり、輸送中のトラブルが心配。宅配便や店頭持込をするのが怖い お酒の運び出しがかなり大変、誰かに手伝って欲しい このような方が出張による買取でメリットがあります。


出張買取のメリットとデメリット

出張による買取のメリットは、やはり梱包の手間やお店まで出向く手間が省けること。

お酒が1本、2本なら対応できても、数10本、数100本単位のボトルを持っていると宅配便での輸送も困難です。

スタッフが自宅や倉庫まで出向いてくれれば何かと便利。

追加で査定してもらうことも出来ますし、査定額に不満があればその場で価格交渉も可能です。

無事に買取が決まれば、お酒の運び出しや梱包は全てお店のスタッフに一任出来るので、この時、お酒が破損したとしても売主には一切責任はありません。

デメリットは出張買取できる範囲に限りがあること。

お店によって対応できる範囲に差があるので、必ず事前に確認しましょう。

状況によっては対応エリア外でも出張してもらえる場合もあります。

この場合も出張料や手数料を請求されることはありません。


事前連絡は必須

出張買取は酒買取りサービス側が車両やスタッフを手配し、現地まで買い付けを行うスタイルです。

そのため労力に見合うだけのお酒を買い取れるかどうかが判断の分かれ目になります。

あまり価値のなさそうなお酒をわざわざ遠方まで行って買い取ることはありませんので、出張買取を希望される時はどれだけのお酒を所有しているのか、リストを送って判断してもらうのが一番。

リストを見ながらお店のスタッフが仮査定額と出張の可否を判断します。

出張での買取が可能な場合は、スタッフとの日時打ち合わせなどを行います。

もし本査定の金額に不満がある場合、買取キャンセルも可能です。

この場合もキャンセル料や出張料を請求される事はありません。まずは仮査定からお願いしてもらいましょう。