家に飲まくなったお酒があるのならお酒の好きな家族や友人、知人にプレゼントするのも有りですが、お酒買取りサービスに売却するという方法もあります。

お酒を買い取ってもらえると現金化できますし、保管スペースも必要ありません。

けれどお酒を売り慣れていない方からすると、お酒の買取は敷居が高いと感じるもの。

そこで大雑把な買取の流れを掴んでおくのがおすすめ。

ある程度の流れを知っておけば不安なく作業を進める事が出来ますよ。


まずは見積もりから

お酒買取の第一歩は、自宅にあるお酒の本当の価値を判断してもらう事。

そのためには手元にあるお酒の情報を酒買取りサービスに伝えなければなりません。

そのための方法として【WEB(メール)】【電話】【LINE】【FAX】があります。

PCやスマホ、FAX、電話を利用した査定の申し込みが可能。

PCやスマホを所有しているなら、WEBやメール、LINEなどを利用した査定方法が一番お手軽ですね。

その中でも一番早く見積もり金額が分かるのが電話です。

担当者が窓口で対応してくれるので、3分程度で見積もり額が分かります。

「とにかく時間がない、早く大雑把な買い取り金額が知りたい」と言う方に向いています。


大量買取をお願いしたい場合

家に数本のお酒がありそれを買い取って欲しいときはLINEやWEBで画像を数点送れば済むのですが、もともとお酒屋さんだったなどの理由で100本、200本と大量のお酒がある場合はいちいち画像を送るにも限界があります。

そんな時はFAXでお酒のリストを一気に送る方法があります。

メールにお酒のリストを添付して送っても構いません。

大量のお酒を売る方が、買取の手間が省けるので高く買い取ってくれるお店が多くなっています。

査定額に納得できた時は、出張買取でまとめて買い取ってもらうと手間がありませんね。

出張買取は超高級品を宅配便で送るのが嫌だ、怖いという方にも向いています。


注意!買い取れないお酒

お酒の買取店では、お酒であれば何でも買い取ってもらえるというイメージがあります。

ところが店舗によっては日本酒やビールの買取ができない所もありますし、あまりニーズのないマイナーなお酒は引き取れないと断られることもあります。

またどれだけ高級で高額買取が期待できるお酒であっても、開封されて中身が減っているお酒や液漏れしているお酒、瓶にヒビや欠けが入っているお酒、澱が見えるお酒などは買取してもらえないことも。

心配な時はまず電話などで相談してみましょう。




こちらの記事も読まれています!